ディーラーだと中古車の査定額が低くなる?

「中古車はディーラーよりも買取専門店に出した方が高く売れる」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実はその情報というのは本当のことであり、ディーラーですと買取専門店よりも安値になってしまうことが多いのです。ですからお得に売りたいのなら買取専門店の方が安心と言えるでしょう。
査定額が安くなってしまう理由がありますが、まず査定方法がひとつの理由です。買取専門店の場合は社外品のオプション装備についてもしっかりと価値を付けてくれますから、装備が充実していたりするとその分のプラス査定に期待ができます。ところがディーラーですとオプションに関しては一切価値を付けてくれません。純正品にのみ価値を付けるという査定スタイルですので、例えば社外品の高級ホイールが装備されていたりしても価値は付かないのです。
車の処分を委託しておりコストが掛かってしまうのも安値になる理由。ディーラーは車を売るのが本業ですから、下取りをした車の処分方法には力を入れていません。その点、買取専門店は店頭で販売したり中古車オークションに出すなりしてコストを最小限に抑えているのですが、ディーラーですと委託して処分をしており、そこでコストが掛かる為に査定額も低くなってしまうのです。
ディーラーと買取専門店を比較すると何万円以上も差が付くことがよくありますから、売却する際には場所を考えて売ることが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする